老人ホームにかかる費用をご紹介します。

 老人ホームについて

 

 老人ホームでは、一般的に基本は、入居時に一時金と毎月の生活費、利用料というものが必要です。そして、各老人ホーム施設によってその費用には差があるのです。公的老人ホームと違い、有料老人ホームは、その費用で高額なことから、入居は敬遠されがちでしたが、最近ではこの入居一時金や生活諸費用などが安くなり、有料老人ホームへ入居しやすくなりました。

 

 老人ホームへの入居一時金は、数十万円から数千万円まであります。金額は大きいですよね。老人ホームの入居一時金は、居室の専用費や共有スペース利用料といったいわゆる、家賃相当分を前払いする形となります。家賃相当分ということですから、もちろん償却されていきます。だいたい数年から20年程度で償却となります。
 各老人ホーム施設によっては再契約が必要となる場合もありますし、月額の利用料のみ支払っていけばいいという場合もあります。毎月かかる費用、生活費としては、食費、水道光熱費、人権費などを支払う必要があります。これも、各老人ホーム施設によって様々です。

 

 最近では、老人ホームの入居一時金を定額にし、この月額利用料を高めに設定しているという施設も多くなっています。また、介護が必要な場合、介護保険によって、特定施設入居者生活介護もしくは、在宅サービスの1割を個人負担することになりますので、その費用も計算しておくほうが安全でしょう。
 もしも、契約条件に合わない部分が発生し、ホームを退居すると言うことになった場合には、入居一時金として支払っていた家賃相当額分の未償却部分を返還してくれるというシステムもあります。

 

 この老人ホームの入居一時金の未償却分返還についても、各施設によって様々ですから、返還金のことについても、しっかりと聞いておきましょう。

 

 老人ホームにかかる費用の内訳表

 

 老人ホームをご利用はしっかりと調べたうえでご検討してください。

 

 老人ホームの費用平均額

 

 老人ホームでは、入居者に豊かで快適な生活を提供するために、介護保険で定められた以上の介護サービスを提供している場合があります。これを上乗せサービス、横出しサービスと呼んでいます。このサービスは上記の金額にそのサービス分を追加しなければならず、その追加費用は利用者である入居者が全額負担になります。事前に本人の同意が必要となりますが、説明、同意を省略してしまうホームもあります。必ず、確認をしてください。

 

 老人ホームの費用 平均的な価格表

 

 

 ご自身の老人ホームの費用の計算方式

 

 この計算では、現在70歳、100歳まで生きると想定。希望ホームの月額利用料の平均を確認しておきましょう。

 

 総資産=預貯金+不動産・有価証券評価額+(100歳‐70歳)×1年分の年金受給額

 

 年間必要経費=(入居希望ホームの月額利用料+食費・光熱費等+保険・医療費+お小遣い)×12

 

 あなたの入居金充当可能額=総資産‐年間必要経費×30年

 

 この計算方式で、ご自身の今後を確認しておくことが大切になります。