アルツハイマーを解消する為にDHA・EPAを摂取

アルツハイマーになりますと、かなり深刻な状況になってしまう事はあります。自分だけでなく周囲に与える影響もそれは大きいものです。時には出血する事もあるので、軽視できない症状と言えます。それに対しては、疫学調査なども行われているのです。その結果、活性酸素などが関わっている事も分かっています。

活性酸素は、人間をサビ付かせてしまう力があるのです。鉄などは、放置しておくと錆などが生じてしまいます。それと同じく、人間もサビが生じてしまう事があるのです。人とサビはイメージでは結びつかないかもしれませんが、そのサビの結果、上記症状が生じる場合があります。サビは確実に存在するのです。

それを何とかしたい時には、DHA・EPAなどの栄養分が推奨されるのです。DHA・EPAは、主に魚類などに含まれています。魚肉ソーセージのパッケージ表記によく記載されていますね。ですから魚を摂取する事が多い方々などは、出血もしづらい傾向はあるのです。ちょっと脳が心配な時などは、魚類の摂取が推奨されます。

ただし魚だけでは、ちょっと不十分になる場合があります。そして昨今では、薬店などでもDHA・EPAを含むサプリが販売されているので、併用してみるのはどうでしょうか。

 

血圧を下げる為の栄養摂取と水分補給

血圧を下げる事は、多くの方々が興味を持っています。むやみに高い血圧などは、生活習慣病なども引き起こしてしまうからです。しかし血圧は下げる手段もいくつかあります。まず適切な栄養分の摂取が推奨されるのです。

例えば、カリウムhttp://www.tagunit.org/という栄養分があります。幾つかの食材の中には、それが含まれている訳です。トマトなどもそれに該当しますが、中にはメッツなど特殊な製品の中に、それが含まれている事もあります。ですから血圧をコントロールしたい時には、まずは栄養分を意識する必要があります。

それともう1つは、水分の積極的な摂取です。人によっては、水分量が若干足りない事もあります。水分不足ですと、どうしても血圧が悪い数値を記録してしまう傾向があるのです。血圧は血管を圧迫する力ですから血液がドロドロ状態に近くなってしまうと当然、血圧も上がるわけです。進行しすぎると血圧が異常な数値になってしまう事もあります。

逆に水分の積極摂取を心がけていれば、それも解消される傾向があります。したがって栄養分と水分という2点が、主なポイントになります。